シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|バルコニー工事

新着情報

バルコニー工事

2019/06/24

新築工事も金物検査が終わり、どんどん進んでいってます。

 

前回お伝えした、金物検査以外の金物のチェック。
どんなことがあるでしょうか?

 

例えば筋交い。
筋交いは現在筋交いプレートというもので柱と梁、または柱と土台などに取り付けられています。
筋交いプレートはその筋交いの大きさによって金物が決められていますが、現在ではBP-2という基準のものを使っている会社が多いでしょうね。

筋交いの太さ(耐力の倍率)によってかわります。

その筋交いのところに細い柱が取り付いています。
間柱です。

構造耐力上、負担するものではないのですが、下地として役立っています。
それは化粧の下地だけでなく、構造上の下地としてもです。

その間柱ですが、筋交いとの交差部には釘打ちということが決められています。

役所の検査でも、そのあたりはチェックする人は少ないようです。
現場を見る機会があればぜひ確認してみてください。

ちゃんとできているかどうか、その会社のチェック体制がわかりますね。

そのほかの金物についても時々お伝えしていきますね。

 

さて新築工事です。

 

20190617 ベランダ下地施工状況 サッシュまわり取り付け施工中_190620_0001

この部分はなんの写真かというと、、、

バルコニー下地です。

バルコニーの水勾配を下地段階でつくっているところです。
基準図面にそって大工さんが勾配をとって加工してくれています、

写真の奥に黒いものが写り込んでいます

 

20190617 ベランダ下地施工状況 サッシュまわり取り付け施工中_190620_0002


これ
写り込んでいる部分はここです。

バルコニーの床部分というのは防水工事をするとその空気の逃げ場がなくなります。
その逃げ場がなくなったことによってバルコニーの床部分は蒸れ腐れが起こります。


バルコニーの雨漏れではなく、構造内部で結露したり、湿気が発生したりしますが、
その部分の空気がうまく抜けるようにしてあげれば問題ありません。

しかし
抜けなければその湿気はそこにとどまり続け、いずれ木を腐らせてしまいます。

そうならないように壁部分に開口を設けています。

バルコニーは袖壁で屋根までつながっているデザインですが、そのデザインの理由はこういう理由なんです。
屋根までつなげておけばそこから空気が抜けるようになっていますので湿気の心配もありません。
 

20190617 ベランダ下地施工状況 サッシュまわり取り付け施工中_190620_0003

そして床下地が完成します。
これがバルコニー部分。

バルコニーから少し向こうの庭の様子がちらりと見えますね。
さて、これがどんな風景になるのか、楽しみにしてください!!

 

IMG_8519


そして
バルコニーにはサッシが取り付きました。

サッシの横にピンク色に見えるのが、断熱材です。


???


と思われた方は正解です。


サッシの横に断熱材が見えるというのは防湿シートとかどうなっているの?という
あまり見慣れない写真だから疑問に思ったのかもしれません。


この家、
付加断熱の家です。

 

断熱材は通常、というかほとんどの家が、柱と柱の間に隙間なく埋め込んでいく方法をとっています。
内断熱といわれるやり方です。

そしてこの家は
それ以上に断熱性能をアップさせるため、そとに断熱材を付け加えた付加断熱を行っています。


柱は120mm×120mmなので、断熱材は120mm。
その外側に100mmの断熱をプラスしていますので、断熱材は全部で220mmになるわけです。

A4サイズの短い方の長さくらい、
雑誌の短い方の長さくらいの断熱材が取り付くというわけです。


かなりのボリューム。
それは暖かい家になりそうなのがイメージできますか?

 

断熱施工もまた写真でお伝えしていきますね。

 

20190622 南面壁施工中_190622_0003

 

そして
バルコニー袖壁になにやら斜めの下地材が-----

おっとここでも斜めの壁が出来上がるのか-----

乞うご期待!!


のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォーム・不動産をご提案


おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、のびのび暮らせる住まいをご提案しています

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは九万田の家づくり塾でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない


無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから


お約束!!
九万田の家づくり塾に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。 のびのび子ども住宅のお約束です!!


〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

 
無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修、中古住宅 なんでもご相談ください
即日対応目指しています!!


【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP