シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|耐震補強工事レポート③ 屋根

新着情報

耐震補強工事レポート③ 屋根

2018/08/31

#耐震補強工事
#屋根

耐震工事レポートです。
基礎工事もいったんコンクリート打設で落ち着き、その養生期間に違う工程が入ってきます。

今日はそんな違う工程をご紹介します。
屋根工事です。

 

屋根工事


耐震改修ではその費用対効果が大きい屋根工事です。
どうして費用対効果が大きいかはこのブログをお読みいただいている方にはお分かりのことですよね。

頭でっかちの重たい瓦の家は
いったん揺れ出すとそれは大きく揺れることとなりますので、
屋根は軽くすることが大事だとお伝えしました。

以前の耐震工事のススメをお読みくださいね。


下の写真は
大阪北部地震で屋根瓦が壊れた家の工事の様子ですが、
昔の家の屋根というのはこんな感じだというのがよくわかります。

 

IMG_0216  
縦方向に木があるのがわかりますか?
それは今の工事でも部材として使っている垂木というものです。

旧耐震の家なので、もう40年くらい前に建築されています。
垂木も細いのが写真からでもわかります。


私が新築設計をすると
垂木も45ミリ×90ミリの材を使うことが多いです。
そして、そのピッチも303ミリピッチと細かく入ります。


屋根材は瓦を使うことはあまりないのですが、
ガルバリウム鋼板の屋根材を使うことが多いので十分重さにも耐えられます。

また
風が下から吹き上げたときの構造計算も行っています。
垂木の取り付け方法などしっかり検討していますから、垂木の大きさとピッチそして取付金具の検討は大事ですね。
 

垂木の上に
横方向に板が貼られています。


昔の杉板ですね。
やはりこれでは弱くなります。

IMG_0084  

既存の杉板を残しつつ、
その上に下地材を取り付けていきます。

小屋裏の通気抜けを確保しつつ
昔の板材が蒸れてしまって腐らないようにしながら構造を強化しなければなりませんね。

 

細い木ですが通気をするという点では十分です。
そして
この上に構造用合板を取り付けていくわけです。

 

IMG_0213  

これも以前のブログに書きましたが
耐震工事は地震や台風の外力から家の揺れ、そして、倒壊を防ぐものですが
その代表的な工法は柱と柱の間に筋交いという斜めの材料を取り付けることです。


それは
確かに重要なことですが、それだけでは不十分だということをお伝えしてきました。
それは
床の剛性が取れていなければ、エネルギーが下に下に流れていかないんですということです。


だから床の剛性が重要なんです。


そして
床だけではありません。
屋根も剛性がとれていなければ、屋根がひずんでしまいます。

ひずんでしまうと揺れが大きくなります。


いくら筋交いで補強をしたとしても、床などの水平面の剛性がなければ大きく揺れてしまうということです。
ですので、水平面である屋根面も剛性をとる必要があるのです。


だから
もとの写真をみていただくと
昔の家の杉板だけでは弱いことがわかります。


昔の杉板だけでも強度はもっているのですが
やはり弱い。


だからより高い剛性を得るために構造用合板を張りつけていきます。


この後の工程は
いつもどおり、

防水ルーフィングを施工して
屋根材を葺いていきます。


その他の部位との防水処理を確認して完了となります。


基礎と屋根が出来上がっていくと
内部工事になっていきます。


ここから
メインの補強工事が始まっていきます。


 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォーム・不動産をご提案


おうちは家族の象徴


子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし
誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォーム・中古住宅販売などを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない


無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話


住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも
どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。


完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから


お約束!!
資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!


〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

 
無料ご相談はこちらから
失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談


新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修、中古住宅 なんでもご相談ください
即日対応目指しています!!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.

 

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP