シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|耐震工事のススメ⑥ 耐力壁の役割

新着情報

耐震工事のススメ⑥ 耐力壁の役割

2018/07/09

今日の耐震工事のススメは
耐力壁についてです。


昭和56年以前の建物に住んでおられる方には
ぜひともに知っておいていただきたいことです。


耐力壁とは
地震とか風とかで建物が横に大きく揺さぶられます。

その時にぐっとこらえてくれるものが必要なんですね。


それが耐力壁です。


建物は柱と梁という
縦と横の材料をつなぎ合わせて作られています
木造はもちろんですが、鉄骨もコンクリート造も基本はそうです。


そして
耐力壁という部分があります。


私は木造の住宅のみをご提案していますので
このブログにおいては当然木造についてしかお話はしませんので、その点はよろしくお願いします。m(__)m


さて
耐力壁。
昭和56年以前の建物にお住いの方は大事ですと言ったのは
旧耐震基準と、現在の新耐震基準の境い目がこの年なんですよね。

 

昭和53年6月に
宮城県沖地震が起きました。
マグニチュードは7.4でした。

この3年後
地震に対する基準が見直されて新耐震基準になります。


見直されたことがあり
①軟弱地盤における基礎の強化
②必要壁量の強化
③風圧力の見付面積の算定方法の変更


この時点では壁の量が大きく変更になり
以前の建物とは大きく違いました。




昭和56年以前の建物は圧倒的に耐力壁の数が少ないんです。


だから
耐震工事のススメなんですね。


横ゆれした建物は
柱や梁だけでは止めることが出来ないので
壁を設けましょうということになりました。


耐力壁で横揺れに抵抗するわけです。


耐力壁にはいくつかの種類があります。


従来の塗壁ももちろんです。
漆喰などの木ずりや竹小舞であまれた壁に土を塗ったものもある程度の強度があると考えられます。


そして
今現在よくつかわれているのが
木質の筋交いと構造用面材です。


筋交いは下の写真のようなものですね。

 

 

ファイル 2017-08-13 8 52 06

 

45ミリ×105ミリの筋交いを私はよく使いますが
これが筋交い。


材料を太く大きくすれば
力がぐっとかかった時に建物が圧縮される圧縮力に抵抗します。


圧縮するその反対側は伸びよう外れようとします。
筋交いを留めている金物とその釘が大切になります。


上の写真でも筋交いの下と上に銀色の金物がちらっと写っているのがわかります。


圧縮力にはその太さ
引張力にはその金物接合
この2つが大切になるんですね。


また
構造用合板などの耐力壁は
釘の太さと長さと釘の止めるピッチが大切になります。

 

というのは
耐力壁は地震がおきるとその釘が引きちぎられる力がかかります。


引きちぎられる力で踏ん張っているんです。



筋交いも構造用合板も
その釘との止め方や数なども決まり事がありますから
それに従って止めています。


こういう耐力壁が少ないので多く増やしましょうというのが耐震設計の基本的な考え方です。


既存の建物を確認する耐震診断で
基礎の内部を除いてみると
柱の足元が見えます。


柱の足元と土台が見えるということは
よく見ると筋交いもチラリと見えるわけです。



それをすべてチェックしていくと筋交いの数が分かるわけですが、
その数は少ないんですね。


もちろん
木ずりや竹小舞といった壁も耐力があるのですが、やはり弱い。


だから増やしましょうとなりますが
じゃあどれくらい増やせばいいの?という
『目安』だけは知っておいていただきたいのでお伝えしますね。


これはあくまでも目安です。
なぜ目安といっているかというと
耐力壁はただ数を増やせばいいというものではないからです。

しかしながら数も必要なことは事実。


だから目安。

 

例えば瓦屋根の2階建ての家があったとします。
その場合、
筋交いとか構造用合板とかそういった耐力壁が1階の床面積(平米)にたいして33カ所、2階の床面積に対して21カ所必要になります。


カ所という表現にしたのは
1つの壁に両面使っていたり、上の写真のように筋交いをクロスにした場合などがあるからです。


単純に方筋交いという一方に斜めに上がっている筋交いで太さも3センチほどのものが入っている場所を1とすれば
それが1階だったら33カ所ないとダメですよということになります。


実際、それほどの数はつけられないですよね。
壁ばっかりの家になってしまいます。


窓がありますし、玄関もありますし。
ではどうするかとなるわけですが
クロス掛けにした筋交いにしたり筋交いの厚みを太くしたりするわけです。


構造用合板の種類によっても強さが違ってくるので強い板に変えたり
釘のピッチを変えることでその強度も変わってくる。



そういう方法を使いながら
住みやすさも兼ねた耐震設計をしていくわけですね。


南面は窓が欲しいでしょうし、
また南面に窓があって、道路も南面だったら玄関も南になりますよね。


そうすると南面の強度がなくなってくるからどうしようかとなります。
それを設計していくわけですね。


しかし
その基本、これくらいの壁の量が必要なんだということは知っておいてください。
昭和56年以前の家はもっともっと少ないのですから。


じゃあ
増やしましょう!増やしましょう!!と単純に増やしても意味がありません。

 

耐力壁をこんなところに増やしてはいけない!というテーマでお伝えします。






 

 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォーム・不動産をご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォーム・中古住宅販売などを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない


無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。


内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話


住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから

お約束!!
資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。 また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!


〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

 

無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修、中古住宅 なんでもご相談ください 即日対応目指しています!!
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP