シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|新築工事 階段工事

新着情報

新築工事 階段工事

2018/02/25

#枚方で新築工事
#大工
#階段

のびのび子ども住宅
九万田です。

今日も 枚方市の新築工事の現場から。

今日のテーマは階段。
階段は木製階段や鉄骨階段、アルミの階段など様々あります。
どんな材料を使うか、
どんな形状にするのか、
いろいろと考える部分です。


建売の建物図面などを確認すると
階段は非常に小さなスペースに収まっていることが多く、
やはり、
リビングや居室に比べて、面積を出来るだけ抑えようと工夫をされているようです。


しかし、
しかし。


のびのび子ども住宅 では
階段は非常に大きく面積をとります。


どうしてなのでしょうか?

階段は
家族全員が使う場所だからです。

年齢も違ったり体格も違ったりする家族が
毎日、何度となく使う場所だからです。

階段は安全第一なデザインにしなければならず
そうなりますと、ゆったりと幅広い階段を提案することとなります。

そんな思いで階段の図面をかくわけですが、
工事はどんな感じで進むのかをお伝えしますね。

IMG_7455

大工さんも
えらいゆったりやなーと言いながら施工をしている階段。

階段は大工さんはよくわかっている部分ですが、
毎日通る部分であり、衝撃が伝わる部分だからしっかり作りこみをしなければなりません。


まずは
上段框です。


IMG_7457

階段の全体サイズを確認し、
階段の全体高さ、全体長さから
階段一段一段の割り付けを確認します。


すると
スタート部分をどの位置にしなければならないのかを墨出ししていくわけです。
今回は
ちょうど真ん中に中二階があり
中二階のフロアー高さと階段9段目の高さを合わせるといった細かい作業がまっています。
できるだけ9段目が広くきれいに収まるように配置計画をするわけです。


そこが決まったら
上段框のスタート部分が決まります。


上の写真が上段框。
フロアーと階段との取り合いの部分です。
構造部分や床の構造用合板の端を隠してくれる部分になります。

また
階段を上り下りするときの音なりを防ぐために
10ミリ程度すかしてスタートさせるなど確認を行っていきます。


ちなみにですが、
階段とは関係ないのですが、
上の写真でお伝えします。

家の構造は杉の無垢材を使っています。
そして
床の部分を見てもらうと
構造用合板が写真に写っているのではなく
石膏ボードがビス止めで写っています。


現場は
石膏ボードを床にも這っています。
それも
2重に。


どうしてかというと
音の衝撃を少しでも少なくするためです。


家族間の音だから気にしないでいいんじゃないの?
とおっしゃられる方もいるのですが、
ちょっと体調が悪いときなど上の階でバタバタとしていると気になります。


そういうこともきにかけて
石膏ボードをはっています。
余談でした。



IMG_7468


階段がとりついていくわけですが、
階段の一方は壁付け、もう一方はオープンなスタイルです。
こうすることによって広さを感じていただける作りになります。

ここでたいへんなのが
階段のぐらつきです。


幅広くなっていますし
オープンな稲妻階段なので
ぐらつきがおおきくなります。


今回は上の写真で見える三角に空いたところに
中2階の部分から取り出せる本棚を設置予定。


その本棚が
階段の振れ防止をかねていきます。

また
指示はしていませんが
大工さんの工夫で補強材を階段下の見えない部分にしてもらえました。


安全第一が実は階段の施工から見えてきます。

IMG_7475


2階から階段を見下ろしたのがこんな感じです。
中2階にぴょんと飛んでしまいそうですが
それがないように転落防止を施していきます。


さて
実際にかかった階段のサイズを確認してみましょう。


階段は
できるならば
16段上りきりに設計をしたいです。
 

一段一段をゆるやかに設計するためです。

建築基準法では
住宅の場合
蹴上230ミリ以下、踏み面150ミリ以上、階段幅750ミリ以上となっています。


正直
この数字でOKなんてことはありえません。


先日、知り合いの建築現場が完成したということでみにいってきましたが
14段上り切りで、階段一段の高さが210mm、踏み面が180ミリでした。

確かに建築基準法ではクリアーしていますが。
すっごく急です。

おもわず
「この階段って、お施主様はご納得されているんですか??」と聞いてしまいました。
ちょっと失礼なことを言ってしまったかなと思いましたが
住まわれている人を思っているように感じられなかったのでつい。



のびのび子ども住宅での階段。


IMG_7473

一段の高さ、186ミリです。



IMG_7472


踏面は270ミリから20ミリ蹴込み部分があるので
250ミリです。




IMG_7471


幅930ミリです。


互いに往来することはないでしょうが、
十分な広さと緩やかさで設計をさせていただきました。


図面ではなかなか気づかないのですが、
階段を上り下りして
建築途中の現場に遊びにきたお施主様は

らくー

とおっしゃっていました。


図面だけだと、
急じゃないの?と思われたようですが、
ところがどっこいです。


実家の階段よりずっと楽だわー

と変わっています。


これ
本当に大事なんです。
階段の設計はどうなっているか?
あなたの住まいづくりで必ず確認してください。


毎日使うところだからです。


 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します
◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう? 先ずは無料勉強会でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。
完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。 のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

 
無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談


新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修 なんでもご相談ください!
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP