シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|新築工事 外装仕上げ工事

新着情報

新築工事 外装仕上げ工事

2018/02/20

#枚方で新築工事
#外装仕上げ工事
#サイディング

のびのび子ども住宅 九万田です。
今日も 枚方市の新築工事の現場から。

今日は
外装仕上げ工事についてです。

外装仕上げについては
打合せ段階でいろいろな素材を並べながら決定していきますが、
建物の大きな部分を決めるため、イメージが追い付かない部分だと思います。

それが
工事ではどんどん進んでいくと
わー
とお客様は喜ばれるんです。


そして
外観は
やはり、その建物の印象を決定するところ。
窯業系サイディングにせよ、鈑金にせよ、塗装にせよ、。
コーナーや窓廻など、どのように納めていくかが建築全体を決定するといっても過言ではありません。


今回も
現場で細かな部分は指示を出して現場決定をしてきました。

IMG_7140

まず
基本的なことですが、
現在の建築はほとんどそうだと思いますが、この建物も通気工法を採用しています。


透湿防水シートの上から直接サイディングを施工するのではなく
通気をとりながら、金物で引っ掛け固定する方法を採用しています。


上の写真は窯業系サイディングを施工している途中です。
透湿防水シートの上の金物を取り付け
それに引っ掛けています。

窯業系サイディングのそれぞれが
差ね状になっていて重なる部分があります。


しっかりと溝に差し込んで下から上に上にと施工を進めていきます。
外壁の職人さん曰く、

今回のサイディングは18ミリあるから重たい!!

たしかに=


足場をのぼって手で押さえながら固定する。
この重たい板を持ち運ぶのはたいへんだろうなーと思います。

安全管理が大切です。

IMG_7324

そして
ガイドレールにそって固定金具が停められているかどうかを確認します。

板と板の間に金属がみえますよね。
その部分がコーキングを打ち込む部分になります。


すき間の部分は
コーキング処理をします。

IMG_7355

ここは木が打たれていますね。
どうしてかは後ほど。


サイディングの向きによっては金物で取り付けられなくなりますので
その時は下地材に木材を打ち付けます。


これも
外壁に空気が抜けるようにするためです。



下地のピッチを確認するだけではなく
横向きに打たれている木材はところどころに切り込みをして空気が上に抜けるようにしておく必要があります。

通気層に空気を流すためと
結露水を排出する意味合いもあります。


このあたりのチェックも必ずしておきたいところ。


同じく窓廻についてもですね。


窓廻も木を窓ギリギリまで取り付けてしまうと
空気の流れがなくなってしまいます。


今回は
木(胴縁)を打つところには窓がなかったので写真はとっていませんが、
そういうところをチェックしましょう。


家を長持ちさせることが大切ですから。


IMG_7391
職人さんです。
玄関回りでごそごししています。


外壁の職人さんは
けっこうやることがいっぱいだなーと感じます。


防水シートを張って、防水テープを施工。
水切りといった鈑金加工もしなければなりません。

胴縁といった木工事も行います。
そして
窯業系サイディングや板金サイディングなど。


仕事がいっぱいあります。


で、
今回のおすすめポイントはこちらのアングル。
玄関扉周辺です。


玄関は既製品のYKK商材を使いました。
道路正面から既製品がバーンと堂々と見えるのは。。。


ちょっと残念なので
いつも少し奥まったところに玄関は配置します。


この写真は
施工上、現場用玄関ドアを取り外していますが、
これが次はこんなふうにかわります。

IMG_7386

やわらかい印象の玄関ポーチ。
正面には杉板を施工しています。


大工さんと相談しながら
木の板目の順番を決めて、
荒めの仕上がりにしました。


ここも塗装を施しますので
交互期待!!


どうしてここに杉板かというと、

IMG_7443

正面がガルバニュウム外壁になっています。
全体的に
ガッチリとした印象と一瞬冷たさを感じてしまうガルバニュウム外壁ですが、
それを柔らかい女性的な印象にするため
木の外壁材をこの玄関部分に採用しています。



IMG_7462
玄関扉は
現在は工事用をつけていますが、
これが本当のものに代わったらまた印象が違ってきます。


さて
工事も中盤です。

実は
まだ中盤。


これから内部の造作工事が立て続けに入ってきます。
大工さん、がんばれー

 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します
◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう? 先ずは無料勉強会でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから


お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!


〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)
 
無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修 なんでもご相談ください!
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/

 

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP