シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|新築工事 バルコニー防水工事

新着情報

新築工事 バルコニー防水工事

2018/01/31

#枚方で新築工事
#バルコニー防水

のびのび子ども住宅 九万田です。
今日も 枚方市の新築工事の現場から。

今日お伝えするのは バルコニー防水工事。
さて、どんなことがポイントになるのでしょうか?


上棟してまもなく
バルコニー防水工事に入ります。

雨仕舞は早くしたほうが家のためにもいいですから、
段取りよくスケジュールを組んで行います。


バルコニーの下地づくりは大工さんが行います。
予め図面に書き込んでいるバルコニーに基づいて製作してもらっています。


合板をはって
垂木を流して、水勾配をつくっていきます。

下の写真はそのようす。

IMG_6736

下地板の上に水勾配の根太をとりつけているところです。
写真に右側には水が流れる部分をつくっています。

今回はバルコニーが広いので
水勾配を外側1方向に流すのではなく、
右左に流れるようにつくっています。

写真ではそこまではわかりませんよね。


きっちり流れをつくっておこないと
間違いなく水が溜まってしまいます。
そうなると経年劣化した時に万が一の水漏れの可能性も。

そうならないように、水が早くながれるように下地をつくっておくひつようがありますね。


IMG_6740


出来上がったのが上の写真です。
下地が完成しています。

ここから防水工事を行います。

IMG_6752

今回は下の階がバルコニーの下にある
ルーフバルコニーになっていることと、
準防火地域であることから
バルコニーの材料は金属製の仕上がりになっています。


上の写真は金属防水材を丁寧にならべているところです。

IMG_6755

下地をならべたら
上から鋼鈑を敷き詰めていきます。

手慣れた作業ですすんでいきました。


IMG_6758

あとは
ビスで止めて、
小口部分などテープや防水コーキングで処理をしていきます。

IMG_6765

出来上がったのが上の写真です。
サッシとの取り合い部分に防水テープをはってサッシからの水が回ってこないように仕上げています。
また
鋼鈑は傷もつきやすいので完成したら養生をしっかりと行っていただくことも大事。


さて
バルコニー防水で大事なことは何でしょうか?
施工基準が決まっていることから
1/50の水勾配をつくることや
サッシ部分の立ち上がりは250ミリ以上とることなど
厳しくなっていますのでそのあたりは大丈夫だと思います。


バルコニー工事などでだいじなことは
その下地部分の通気が考えられているかどうかです。


バルコニーの下地に合板をはっています。
その上に今回のような鋼鈑による防水工事や、FRPによる防水工事が行われますが、
下地の合板部分は気密部分になってしまい
蒸れ腐れが起こりやすくなっています。

しかし
残念ながら
多くの現場では通気処理については考えられていないのが現実。
バルコニー下地の部分の胸腐れ対策はどのようにしているのか、家づくりをされる方は施工会社に問い合わせをしてみるといいでしょう。


多くの工事会社が明確な回答をしてくれないのではないでしょうか。


ここは
現場指示が必要な部分です。
今回も根太を転がしているところに外壁に空気が抜けるように加工を大工さんにおこなってもらいました。


屋根と同じように日に照らされる部分で熱されますが、
その湿気などがしっかりと抜ける経路をつくってあげることによって腐れ防止になります。


図面ではなかなか表すことができないことなので
現場にて大工さんに指示をしてくことがだいじですね。


こういった工夫が10年、20年とたったときに違いになるんです。
これ、今日はかなり大事なことでしたので覚えておいてくださいね。




 

追伸
家づくり勉強会  in  枚方市 かがやきプラザきらら

場所:枚方市かがやきプラザきらら(枚方市車塚1丁目1−1 5階 セミナー室3)
時間:2月25日(日)13時30分から15時30分(10分前会場オープン)
内容:大切なお金を一円も無駄にしないための家づくり


5組限定で行います。
完全予約制です。
今すぐ
お問合せください。
お申し込みは下記のアドレスから。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/039e6db5250630
 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します
◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう? 先ずは無料勉強会でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか? 初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。
完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

 
無料ご相談はこちらから
失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修 なんでもご相談ください!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/

 

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP