シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|新築工事 上棟

新着情報

新築工事 上棟

2018/01/17

おはようございます
のびのび子ども住宅 九万田です。

今日も 枚方市の新築工事の現場から、
今日お伝えするのは 上棟。


上棟は
何を言っても、お施主様がいままで頑張ってこられた形が見えてくる日。
すっごく楽しみな日です。

あわせて
大工工事が本格化するなーという日ですね。

さて
上棟の日はどんなことに注意しなければならないかを今日はお伝えしていきます。


最近、上棟作業は1日で終わらせる会社が多いですが、
私どもは2日に分けて行います。


初日は
1階柱と2階床梁の建て入れ作業です。

クレーンは使わずに
初日は人力で行いますが、大きな床梁をささえる作業は人数が必要になります。
今回も5人での作業を行いました。


先ずは
材料の検収です。

既に打ち合わせをしているプレカット(工場で木材を加工すること)図面と照らし合わせて
材料が搬入されているかの確認になります。

順番に作業は進みますので
順番に材料が置かれていなければなりません。


もし材料が順番に置かれていなければ、ぜんぶひっくり返して探さなければなりませんので
たいへんです。

それだけ手間もかかりますし、場所も必要になります。
単純なことですが、2度手間にならないことが大切ですね。

木材の他にも
建築金物が同時にたくさん入っています。


この時に数を数えることが出来ればいいのですが、
正直難しい。

だから
予備で必要なものは持っていかなければなりません。
今回も
いくつか足りないものがやはりありました。

当日用意しておいたもので対応できましたが、
なければ、当日作業が遅れてしまいます。

大人数で作業をしていますし、危険を伴う作業です。
みんなピリピリしていますので、迅速に無駄なく無理なく作業が進むように段取りが
本当に重要。

IMG_6523

建て方の手順としては
1:柱を建てる
2:梁を掛ける
3:仮筋交いを入れながら垂直を確認する
4:筋交いを入れる
5:2階床を張る


です。
 IMG_6532

初日はここまでで終了です。
チェックポイントとしては
床合板を使用しますが、今回は24mm厚。


剛床施工となっているかどうかです。
当然に千鳥に床合板が貼られているかどうかの確認が必要ですが、
あとは
釘の状態。


釘はN75(もしくはCN75)という釘で打つことが決まっていて、
150ミリピッチで釘を打つことも決まっています。

今回も
150ミリ以下で打たれていることは確認しました。

また
大工さんにも釘打ち機の調整をお願いしています


釘打ち機はコンプレッサーで空気圧によって打つのですが、
空気圧が強すぎると釘がめり込みます。


だから
空気圧を弱くしてもらいます。


すると
大工さんは空気圧が弱いとめんどくさいことがおきるんです、。


それは
釘が沈み込まない


沈み込まないということは
釘の頭がちょっと出ている状態。


それは仕事としてダメなので、
金づちで一つ一つ頭を沈めていく作業が増えます。


これが手間ですが、
これが一番釘の引き抜きが強い状態です。


沈み込むと釘の接地面が少なく弱くなり、
釘の頭が出ていると床を張った時にぼこっと膨らんでしまいます。

平らにしておくことが家のためには必要で良いということです。
 

 

IMG_6552  

そして2日目。
クレーンを使って材料を順次運んでいき、同じように
柱を建て、小屋梁を組んでいきます。
 

今回の家は
南面に下る片流れの屋根ですが、
一部、ハトゴヤを作っています。

住宅密集地のため、南側からの採光をどのように取り入れていくかが課題であったため
サイドからの明り取りを行いました。

しかし
将来の太陽光設置なども考え全体的には南下がりの屋根形状。


鳩小屋と大屋根のデザインの調和や、全体から見たデザイン性など考慮した屋根形状です。


ここの部分だけ
大工さんんにかなり細かく説明をさせていただき
上棟の時の作業についてもお伝えしました。


上の写真は
垂木を掛けるまえの状態です。
少しややこしいので時間がかかりそうな予感でした。

この間にチェックポイントは
垂木の止め方の確認です。


現在はタルキックという便利な金物がありますのでそちらを使います。
ねじ頭が大きいものを使って垂木を止めていきます。


あとは
火打ち材が取り付けられているかなどの確認。


これらは
既に着工前打合せにおいて
大工さんとプレカット工場と打合せ済みなので問題なく進みます。


しかし
プレカット工場の施工がうまくいっているとも限りませんし、間違いがあったり
やっぱりこちらのほうが雨仕舞がいいなどといった現場判断が出てきます。


屋根の軒先の出寸法など最終現場で確認が必要になります。
樋や板金の出寸法など検討があらかじめ必要ですね。


 

IMG_6543

この2日間で作業は完了し
夕方、お施主様を囲んで上棟式を執り行いました。


塀串を奉納し、工事の安全祈願を行いました。


お施主様に後からお聞きすると
感動の上棟式だったということです。


木造工事の本格化ですが、
工事はまだまだこれから続きます。


次回は防蟻工事についてお伝えしたいと思います。




追伸 
阪神淡路大震災から23年となります。
私も大学が西宮でしたので 多くの被害にあい、大学生の友人も家が倒壊したりしました。

そういう学びから 工務店での修業時代に私の師匠は 安心安全な住まいが何よりも大切と教えてくれました。
そして
のびのび子ども住宅では 新築は許容応力度計算を行い耐震等級3以上のスペック住宅。
さらに 制震装置を採用し、更なる安全な住まいを提供しています。

そして
既存住宅についても同じように耐震住宅と制震住宅の提案を行っています。

先ずは無料ご相談からお問合せください、。
既存住宅状況調査技術者資格保有者の九万田が伺います。
検査は無料です。

チラシ20170825(裏)

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します
◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう? 先ずは無料勉強会でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。
完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから


お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!


〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

 
無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修 なんでもご相談ください!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/

 

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP