シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|新築工事 配筋検査

新着情報

新築工事 配筋検査

2017/12/20

#枚方の新築工事
#配筋検査


おはようございます。
のびのび子ども住宅 九万田です。

新築工事が本格的に始まっています。
現場の様子をお伝えするブログです。

今日は配筋検査 。


建築確認が下りてから2週間と少しが経ちました。
無駄なく無理なくスケジュールを組んで、順調に進んでいます。

建築において
木造2階建ての普通の大きさの家ですと、
工事期間中の役所の検査は2度行われます。


そして
この基礎工事期間中の検査は行われません。


しかし
こうやって検査が行われるのは
瑕疵担保保険に入るためのものです。


瑕疵担保責任保険とは
構造上の問題や雨漏れなどの問題が起きたときに施工業者に責任が及びます。
これは
もうすでに10年も経ちましたが姉歯事件が起きたときに、構造欠陥がある建物に住んでいる人が
問題があったことを見抜いたときに、だれが責任を取るんだということになり
結局その当時は泣き寝入りという結果になりました。


その法律的な欠点を補うために
施工者責任が明確になり、義務付けられました。


基本は
構造上や雨漏れの問題が起きたときに施工業者が責任を負いますが、
万が一、施工業者が経済的理由などで事業をやめてしまっていた時など
どこに問い合わせをすればいいか、やはりお客様は路頭に迷ってしまいます。


そこで
補償金を担保しておくか(2000万円)、保険に入るかのどちらかを選択できるように施工業者はなっています。
がしかし、
2000万円を担保しておくと、施工業者の利益が吹っ飛んでしまいますので、
どの業者もこの瑕疵担保責任保険に加入するという流れです。

ですので
保険に加入するのは施工業者です。
だれの建物に対して保険に入るのかの説明を契約時などの受けると思いますが、
問題が起きたときに保険金が下りるようなものではないので、勘違いしないでくださいね。


問題が生じたときに施工業者がなくなった時にお金が下りてくるものなので、
施工業者があれば、そこに責任が発生するんです。


そして
基礎工事の際も構造上のチェックがありますので瑕疵担保責任保険の観点から
現場検査が行われます。

保険の検査ですから
正直、厳しいです。

IMG_6394

今回もチェックが細かくありました。

時間を余裕をもって行ったのですが、
結局、1時間30分かけて行われました。

 

さて、
配筋検査ではどういうことがチェックされるのでしょうか?


当然に
設計図書と照らし合わせて、設計図書通りになっているかどうかが確認されます。

 

具体的に見ていきましょう!

①基礎周辺の確認

基本的なことですが、
建物配置が図面通りになっているかどうかからチェックは行います。
また、GL設定とベンチマーク位置の確認をし、掘り込み深さの確認を行います。

それにより
基礎の高さや深さの確認ができるわけですね。

同時に排水管の勾配が取れているかどうかなど
確認作業がでてきます。




IMG_6402

今回は
長期優良住宅でもありますから
汚水配管はさや管を設置する工事にしました。

写真は設置状況写真ですね。
これを勾配決めて固定します。

設備工事についてはまた今度お伝えしますね。
 


IMG_0853    

さて
検査の続きです。


防湿フィルムです。
まず、防湿フィルムに傷がないかどうかの確認です。
防湿フィルムは鉄筋工事の際にどうしても傷ついてしまいます。
ですので破れなどができてしまいますから
その部分はテープで補修を行います。


また
防湿フィルムが重ね合わせ部分ができますので、その部分の幅が150mm以上重なり合っているかの確認も必要です。


次に鉄筋の結束です。
スラブ配筋は餅網状になっています。
複数の鉄筋を組み合わせていますのでその継手部分や重なりあっている部分については結束しています。


餅網状になっている部分は
50mm以内に結束するようになっています。


だいたい
もちあみが20cm×20cmが一般的ですので
1つとばしには結束されていることになっています。

ちなみに
上の写真は10cmピッチ。


3階建てですか?
と思われるかもしれませんが、2階建てです。


そして
配筋にもどりますが
継手は重ねて定着させます。


鉄筋の太さ×40という係数を掛けますが
10ミリの鉄筋太さですと、40センチの重ねが必要になります。

13ミリの鉄筋ですと、52センチですね。
 

定着はほかにもチェックしますが、
底盤餅網が基礎の外周部に重ねますけど、基礎の深くなっている部分との定着長さは50mm以上であり、
底盤の長さは40d以上にします。

 

 

立上り部分ももちろんチェックがあります。
継手の定着長さは先ほどの40dという点は変わらないですね。

そして
コーナー部分には
補強筋をいれることが重要です。

コーナー部分はどうしても荷重がかかりますので弱くなります。
その部分に補強筋を30ミリの位置に配置することが重要でしょう。


その他として
例えば基礎貫通をする場合は100ミリを超えるものを使用すると補強筋が必要になりますし、
人通口を設置する場合は斜め筋ほ補強筋として配置する必要があります。


このようにチェックがたくさんあります。



検査員の方と話をしていると
今回のこの現場は非常にきれいにできていますねと褒められました。

どのあたりに違いがあると思いますか?
と検査員目線での違いを聴いてみましたら、
コーナー部分を見ると出来不出来がよくわかるということです。


コーナー部分は鉄筋が多く集まる部分です。
この部分を美しく組み上げるのは至難の業だそうです。


確かに鉄筋が集まりますし、括り付けなければなりませんのできれいに並べなければなりません。
綺麗に並べられるとやはり美しく見えます。


一事が万事とよく言いますが、
この部分が美しくできるということは
鉄筋が波打つこともなくきれいに一本通っている作業ができるということ。


検査員の方が感心していただけるような現場だと施主様も安心していただけるだろうなーと思います。
 

 

 

 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します
◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料勉強会でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話


住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。


完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから


お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。 また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!


〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)
 
無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談


新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修
なんでもご相談ください!


【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP