シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|現在建築中の現場みどころ⑩当然耐震等級3

新着情報

現在建築中の現場みどころ⑩当然耐震等級3

2017/08/28

当たり前のことですが、耐震等級3です

#2階リビング
#耐震等級3

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの
九万田眞理子&忠孝です。


jikugumi  

今回で見どころレポート10回目。
これまでずっと見えない部分についてお伝えしてきました。
例えば、断熱性能や省エネ性能、
そして設計についての考え方など、

そして
今日も見えない部分についてお伝えします。

耐震性です。


耐震性についてはもうすでに当たり前になってきていること。
断熱性能や省エネ性能はそれに比べまだまだだということはお伝えしましたが、
耐震性能については2000年に変更があって、また長期優良住宅やフラット35といった住宅ローンのからみで
耐震等級を利用する方も増えました。


だから
耳なじみもあり、知っている人がほとんど。
あわせて
各地で頻繁におこる地震の影響もあって
住宅会社も耐震性については強調することが多く、当たり前のように耐震性はよくなってきています。


という私たちも
耐震等級についはクリアーしています。



しかし、
先ほど述べた長期優良住宅の利用やフラット35の利用が先行し、基準ギリギリというのが
現在の建築の事実ではないでしょうか?


ちらっと以前にも触れたんですが、
耐震等級2で十分だというようなことを平気でいう工務店もいるぐらいです。


いやいや、2でも熊本地震は大変な被害を受けていますし、
それでいいなんてことはありませんよね。



たしかに
耐震等級2に比べ、3にするのは難しくなります。
壁の量も多くいりますし、吹抜けの計画なども難しくなります。

しかし
工夫をすればうまくいくんです。
それの研究がたりないから難しいなんてことを言うだけであって、考えれば出来ることです。




私たちはお勧めしているのがやっぱり2階リビングのプランなんです。


多くの方は広いリビングが欲しいといわれます。
そして、明るくて開放的なリビングが欲しいと言われます。
これは100人いれば、100人言います。


誰も狭くて暗くてOKなんてこと言わないんですよね。
広くて明るいリビングが欲しいと言われます。
日中、多くの時間を過ごす部屋はやはり広くて解放感あって明るい部屋が心の健康にも良いですからね。


しかし、
実際はそうはいかない時もあります。


近隣が迫ってきているような地域ですと、窓を開けてもすぐ隣に家が建っている。
日中の日差しなんて期待できない。
そういうことはよくあることで、

また
前回お伝えしたように道路に人が良く通るところであれば
シャッターを閉めっぱなしだとか、カーテンを閉めっぱなしだとか、
到底、明るい部屋には実際になっていないだろうなという家は多いもの。


だから2階リビングにしたほうがいいんですとお伝えしました。


すると
2階にリビングにすれば広い部屋が作れるということもご理解いただけたはず。


家そのものの重さを支える壁の量は、2階は2階と屋根、1階はすべてを支えることから、
1階は壁の量が多く必要であり、2階はその分少なくなる。


このあたりを考えると、
耐震等級2で十分と言い放ってしまう理由が見え隠れしませんか?


お客様の要望は広く明るくなので、
柱も壁もできるだけなくしつつ、出来るだけ大きい窓をプランに入れ込もうとする、

ほら、明るいでしょ!広いでしょ!!となる。
耐震等級は2ですが、これでフラット35のローンも通りますから安心ですねって。

なんだか話がすり替わってきている。
お客様は耐震等級2と3の違いは正直わかっているのかどうかですね。


地震エネルギーの大きさについて理解が出来ていて、2でもOKというのかどうかということです。


ちょっとおさらにですが、
耐震等級1とうのは建築基準法で
「数百年に一度発生する地震(震度6から震度7)の地震に対して倒壊・崩壊しない程度」
であり
「数十年に一度発生する地震(震度5)の地震に対して損傷しない程度」となっています。


それに対し
耐震等級2は、その1.25倍
耐震等級3は、その1.50倍
とします。


へーって感じですが、
マグニチュードで話をしましょう。

マグニチュードが1違うとどうなると思いますか?
マグニチュードが1変わると、そのエネルギーは約30倍になります。

では
マグニチュードが2違うと、60倍ですか?
いえいえ、
マグニチュードが2違うと、1000倍になります。



同じように
震度1違うとその地震の加速度は3倍違い、
震度2違うとその地震の加速度は10倍変わります。


大きな地震になればなるほどエネルギーが跳ね上がるわけですから
それに対する対策というのは余裕をもっていなければならないんです。


耐震等級2といってもギリギリで計算している場合もありますし
余裕を持っている場合もあります。


それってどうやって知ることが出来るでしょうか?
お施主様は聞かされているでしょうか?いや、そんなことはないでしょうね。


住宅ローンで長期優良住宅の耐震等級2がとおればOKというようなお金の説明とごっちゃになっているのであれば
耐震性がどれくらい高い家なのかというのは説明がないのだろうと思います。


本来
お金のはなしと耐震性の話は別物なのですから。
それはそれで説明をし、どれくらいの余裕度がある耐震性なのかを説明すべきなんですね。


しかし
1階リビングで広く明るくというと耐震等級3を余裕をもってつくるのは難しい。
正直難しい。


窓の配置も限られるし、
へんなところに柱や壁もほしくなる。



構造を検討するとどうしてもそうなる。


でもお客様の明るく広く開放的なリビングをかなえてあげたい、
当然耐震等級3で、しかもさらに上をいく許容応力度計算を利用した耐震等級3で。


それが2階リビングだったら可能になります。


しかも
2階とうのは屋根の形なりに天井を作ることができますから、
例えば、ロフトを設けた傾斜天井のリビングをつくることが出来ます。


すると
更に広さを広がりを感じることができ、
あわせて
空気の流れを利用した通風効果を得ることだってできるんです。


2階リビングは
狭小地や隣が差し迫っているような土地にはもってこいのプランになります。


先日も言いましたが
ホールや廊下といった部分を無くすことが出来、
柱や壁が少なく、大きな窓が取れる2階のリビングが可能であり、
小分けした部屋が1階にあることで耐震壁を多く設けることが出来耐震性の高い家が可能になります。


さて
現在建築中の現場も後半戦に入ってきました。
もう化粧の部分も取り掛かりつつあります。


フローリングが貼られ、間仕切り壁が作られ
もうすぐ造作というステップになっていきますね。



みどころについては
9月にはいってからさらに詳細な部分についてお伝えしたいと思います。



また見どころレポートの後半戦を楽しみにしてくださいね。

 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料勉強会でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから

お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。 のびのび子ども住宅のお約束です!!


〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)
 

無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

家のことならなんでもご相談ください!即日対応目指してがんばっています!!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP