シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|構造計算の理論と条件

新着情報

構造計算の理論と条件

2017/07/13

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案


構造計算の理論と条件

おはようございます のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。


ファイル 2017-07-13 7 57 50



昨日は
構造計算の勉強会に参加。
先週から引き続き、構造計算の勉強にがっつりはまっています。


構造計算、
難しい~と思ってしまいますね。


写真も
昨日の資料の一部ですが、あー難しいと思いながら勉強していました。


記号が多いし、
耳慣れない言葉も多いし。


いや
ずいぶん前に勉強したんですけれども
忘れてしまっていることも多いんだろうなって思います。



改めて勉強しなおし
《実情》にどのように使えるのかを考えていました。



現在、
設計している家があります。


非常に大空間のリビングダイニングをご希望されていて、
つまり、柱・壁を極力減らしたいという内容です。



これが実に悩ましいんです。



いつもご提案している大空間のLDKは2階に!!というものではなく、
今回は、1階にLDKで、且つ大空間。



また
居室は2階にあるパターン。



1階は2階と屋根、そして1階自身の荷重を支える必要がありますから
柱や壁が2階よりたくさん必要になってきます。



しかし
大空間を希望すればするほど
それれは出来るだけなくしていく必要があります。



それぞれが逆行していきます。



それを
考えていくのが設計なのですが、
うーん難しい。



単純に2階の床を支える梁(横に並んでいる木材)がどんどん大きくなっていくわけです。



それなりの距離を柱なしで飛ばしていき、
飛ばしたところに2階の荷重がかかってきます。



それを曲げたり、ひずんだり、破損しないように構造を考えようとすると
どんどん太い梁になっていくわけです。




普通なら
「ここに柱が必要です!!」
とか
「ココに壁が必要です!!」
といったふうにお施主様を説得したり、

「耐震等級をさげてもいいですか?」と弱気なことを言ったりしがち。



のびのび子ども住宅は
標準仕様として
耐震等級3を通常としています。



但し書きで
柱や壁が必要になる場合があります
と書かせていただいていますが、出来るだけご要望に沿うように考えるのが私の仕事ですので、
がんばるわけです。



だから
構造の勉強をするわけで。



で、
昨日はその理論を学びなおしてきました。


講師の先生が終わりかけにこのようなことをおっしゃるんです


「構造計算の理論は知っておく必要がありますが、覚える必要はありません

 それよりも

 何をどのようにすればいいのかという

 条件をどのようにしていくのかということに頭を使ってください」




なんだか目から鱗が落ちるようでした。


現在取り組んでいる設計も
大空間を設計するのに構造計算の理論を当てはめようとどこか考えていたように思います。


ちょっと待てよと


その理論は理論として置いといて
どんな条件にすれば、その理論は成立するのかを逆算するように考えてみたらどうなるの?





すると
ピッカーんと閃くもんですね



大空間にしなければならない
柱、壁を出来るだけ省く
すると
梁がどんどん大きくなる


これは条件ではなくて
状況


そして
理論を考えて
鉛直荷重の検討から水平荷重の検討をいったりきたり。

そこに
私なりの条件を与えなおして材料を変えてみたりする



すると
生産可能な梁の大きさまで下げることができたりするものです。



何をどうしたかまで詳しくはお伝えするとややこしくなりますが
理論を分かったうえで、条件を設定しなおしてみるとうまくいくものだと思えた瞬間です。




のびのび子ども住宅は
許容応力度計算で耐震等級3の住宅を提案しています。



今回の目からうろこ事件は
よりお客様のご要望に応えることが出来る構造設計ができるなーと感じました。


プランニングで
どうすればいいのか、そのように迷った時にご相談くださいね。

 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は 
安心安全で暮らせる住まいを提案する注文住宅と耐震・断熱リフォームの会社です。

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし 誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します。

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?先ずは無料勉強会にお越しください。
・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか? 初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから


お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。 のびのび子ども住宅のお約束です!!

電話やファックスでも受け付けていますのでご確認ください。
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3273.960255087824!2d135.5672733152723!3d34.857225980394624!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6000fd0770063ef5%3A0x6c547277960776a0!2z44Gu44Gz44Gu44Gz5a2Q44Gp44KC5L2P5a6FIO-8sS7vvLQu77yj772S772F772B772U772F5bu656-J44OH44K244Kk44Oz!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1481497304118&w=400&h=300]

無料ご相談はこちらから
失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

なんでもご相談ください!
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/
 

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP