シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|基礎工事は大切

新着情報

基礎工事は大切

2017/07/03

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案


基礎工事は大切 


おはようございます
今日も 子どももお年寄りも誰もがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。


昨晩は寝苦しかった。

むしむしとした感じ。
べとべとした感じ。


いずれにせよ
暑くて眠れなかったです。


窓を閉めて寝ていますので
風も通らずでした。


我が家は
エアコンをつけて寝ないのですが、昨日は暑さにまいりました。


暑かったといえば、
土曜日も暑かったです。
IMG_5360

土曜日は
基礎の配筋検査がありました。


外での作業です。
土曜日はすっごく気温があがりましたから、
職人さんも汗だくで作業をされていました。


検査員の方も汗ぼとぼと流しながらチェックをされていました。


写真は検査の状況。
一つ一つ、図面と照らし合わせてチェックをされています。



IMG_5355
私も
いつものごとくですが
検査の時間より1時間ほど早く到着して確認作業をしていました。


前日も
現場で鉄筋工の職人さんたちに話をして
注意点を伝えておきましたので、当日は大きな間違いがあるなんてことはありません。


がしかし
鉄筋がくっつきすぎているところがあったりしますので
そこはやり直してもらったりします。


上の写真でも
1か所上端がフックになっている鉄筋を追加してもらうよう指示しました。


コーナー部分にはダブルで配筋してもらっています。
コーナーは弱くなるからです。


抜けていましたので
追加してもらいました。


ちょっとしたことですが
気になります。

また
下の写真は人通口の配筋です。


IMG_5358


ちょっとやりすぎ?
とおもうくらいの設計をしてしまいました。


人通口は
本来あるところの
コンクリートやその中にある鉄筋をはぶいて開口をつくり
基礎内部の点検をするときに人がとおれるようにする穴のこと。


本来あるべきところのものを無くすので
補強を入れる必要があります。


今回は
人通口の下にD16という直径16ミリの鉄筋を5本、
それを上下に配置
合計10本の補強筋を入れる設計にしています。



また
高さの指定もしているので
鉄筋工の職人さんたちも難儀しながら施工してくれました。



難しい作業になったようです。



検査機関の人も
なんじゃこりゃと思われたくらいの鉄筋量だったと思います。



しかしながら
長期優良住宅、耐震等級3の建築物。
構造計算を行っていくと、こういうことになっていくわけで。。。



更に勉強して
より効率よく鉄筋が配置できる設計を考えていかないといけないなーと
感じています。


そして
この基礎配筋は本当に大事なんですよね。


ずっと
ずっと以前に
こんなお客様がおられました。


中古の物件を買うよていだけれども、買うべきかどうかの意見を聞かせてほしいと。


インスペクション的な立場になって話を聴いてほしいというもの。


実際に現場に行きましたところ
すごい基礎になっていました。


いわゆる
爆裂


鉄筋が
コンクリート部分から破裂して露出している状態を爆裂と言います。
(業界用語かな??普通につかっているけれども建築用語かもしれませんが。。。)



なにせ
コンクリートから鉄筋が飛び出していて
その鉄筋もさび付きがひどく、さらにコンクリートを痛めているのがわかります。


鉄筋がまっすぐ配置されておらず
あわせて、コンクリートのかぶり厚さが足りなかったのだと考えられます。


こうなったら
もうコンクリートの強度はなく、補強をしたとしても効果が得られるかどうかわかりません。


がしかし
ほっておくと余計にひどくなるので、かぶり厚を確保していくほかにない状況でした。



結局、
その方はその物件を買わずにすみましたが
コンクリートはその上の木造部分を支える重要な作業です。


上の木造部分の重さや力を基礎に伝え、地面に伝えていく重要なポジション。
そして
コンクリートを打設してしまっては
やり替えることが困難。


固まってしまったコンクリートを再度壊して作り直すのは非常に手間がかかりますから。

だから
しっかりと確認作業を行わなければならないわけです。


基礎工事は
木工工事と同じくらいに重要な作業です。


もし
家をつくる場合には、基礎工事はしっかりと確認をする必要がありますね。



その時のポイントは
まっすぐ通りがとおっているかどうかを確認するだけでもいいと思いますよ。



#配筋検査 
#基礎工事は重要
#基礎工事はやり直しがきかない

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
安心安全で暮らせる住まいを提案する注文住宅と耐震・断熱リフォームの会社です。

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし 誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します。


◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?先ずは無料勉強会にお越しください。
・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか? 初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから



お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!


電話やファックスでも受け付けていますのでご確認ください。
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)
[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3273.960255087824!2d135.5672733152723!3d34.857225980394624!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6000fd0770063ef5%3A0x6c547277960776a0!2z44Gu44Gz44Gu44Gz5a2Q44Gp44KC5L2P5a6FIO-8sS7vvLQu77yj772S772F772B772U772F5bu656-J44OH44K244Kk44Oz!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1481497304118&w=400&h=300]




無料ご相談はこちらから
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/
 

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP