シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|燃費の良い家が必要なワケ

新着情報

燃費の良い家が必要なワケ

2017/06/28

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅とリフォームをご提案



燃費の良い家が必要なわけ 


おはようございます
今日も 子どももお年寄りも誰もがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。


img20170628_07232898

昨日はこのセミナーに参加してきました。
サッシメーカーのYKK-APが主催するセミナーです

 ファイル 2017-06-28 7 30 25

もう今年で6回目になるとのこと。
そんなになるんだーと思いつつ、昔は自社の工場横のセミナールームで行われていた??
YKKの六甲工場のよこで行われていたような記憶がありましたが、

グランフロントで行うようになって
すごい人数の人が集まっていました。



今回の目的は
最初の写真の
東京大学の前先生のお話を聴きに。


おもしろいんです。


何度か前先生のお話は聞きに行ったことがあります。
その都度思うのですが、


早口だなー
やたらスライドが多いけど、面白くするだけのページが多いなー


と結構、大学の先生にしてはお茶目な面白い方です。



この先生は、
断熱性能や省エネ住宅
パッシブデザインといった世界では一番優れているんじゃないかと言われています。


今回もおもしろい内容でした。


私が注目したのは
どうして燃費の良い家が必要なのかという理由です。



確かに
省エネ住宅の義務化や
昨日お伝えしたその表示制度BELSといったものが整ってきており、
世の流れとして必要不可欠なものになってきているからという一面もあります


しかしながら
消費者、おそらくこのブログをお読みいただいている方にとっては
正直


「そんなことどうでもええねん!!」

とうことなんでしょう。


つまり
寒くならんようにしてほしいねん!
光熱費がびっくりせえへんようになりたいねん!!

という悩みを解消することが大事。
世の流れなんて、正直どうでもええわ!!といった感じではないでしょうか。


事実
前先生のデーターによると
施主の重視度という調査結果では

1位=間取り
2位=耐震性、構造
3位=冬の暖かさ
4位=デザイン
5位=物件の価格
6位=劣化対策(メンテナンス性)
7位=夏の涼しさ
8位=自然光の利用
9位=広さ
10位=省エネルギー性


というふうに
省エネルギーについては10位で、正直かなり低い位置にあります。


また
住み始めた後の満足度も

1位=耐震性
2位=間取り
3位=デザイン
4位=劣化対策(メンテナンス)
5位=自然光利用
6位=冬の暖かさ
7位=広さ
8位=換気・空気環境
9位=創エネルギー
10位=省エネルギー


というふうに
やっぱり省エネルギーは順位が低い


省エネは興味も無し、期待もしていない

というのがこの結果からわかってきます。



そして
一方で国の政策で省エネ住宅が進んでいくと
省エネは当たり前になってくるという結果になって、忘れ去られていく存在です。



しかし
昨日もお伝えしました。


数値だけで満足できるものではないんだとういうこと。



昨日もアップしました
M様邸新築工事のBELS評価は☆☆☆☆☆と
最高水準ですが、それで家の価値が決まるというものではありません。


確かに
将来その家を売却するときにBELSの評価が最高水準であると高い取引金額になっていくことでしょう。


逆に言えば
BELSの評価がなければ、もしかして売却すらままならなくなるという
結果になりかねません。


それは事実
来年度から始まる既存住宅状況調査技術者という建築士の仕事が始まることもあって
宅地建物取引の際に建築士の調査報告が必要になってくる制度が始まるからです。



ちょっと話がそれました。
この既存住宅状況調査技術者については後日ブログでお伝えするとして
話をもどします。



興味も関心ももたれない
省エネについては、可視化できない部分であるということがお施主様には分かりづらく、
逆に言えば、上述の優先ランキングと満足度調査結果からは
目に見えるものに興味があり、満足もするといっていいのだろうと思います。


今の家が
省エネになったかどうか、正直わかりにくいですよね。


また
前先生はこのようにも言っていましたが、
正直、燃費の良い家をつくるのは手間がかかって面倒であり、
その情報も複雑であるがために、設計士や施工店が情報を施主に提供していないことも悪い影響を与えていると。



確かに
難しことなのかもしれません。


のびのび子ども住宅では
パッシブデザインで、冬暖かく地震に強い家づくり
を掲げているように、

耐震性は等級3
断熱性能も省エネ基準以上、当然BELSも最高ランキングになるわけですが、
そうなるためにどうすればいいのかを考えなければ実は面倒な作業だったりします。


あわせて
施工の管理状況も確認しなければ
本当に暖かくなっているかどうかを確かめられませんのでね。



作り手側が情報提供をしっかりとし
重要度をあげていかなければならないと前先生は言うのです。


でなければ、
こんな最悪の結果に、。。。



それが
暮らしのエネルギーコストという問題。


電力がどんどん値上がりをし続けているこの昨今、
もし電気代が3倍になるとどうなるかという問題です


20円/kwhだった電気代が
例えば、62円/kwhになったというシュミレーションを前先生が出してくれました。


すると
35年間その家に住み続けると
20円の場合は、総額502万円だったのが



62円になると
1003万円に跳ね上がります!!


所得は増えないまま
光熱費が家計を圧迫してどんどん貧乏になってしまうという事実。



間取りやデザインも大事だけれども
燃費の良い家にする必要性があることを
設計する側がしっかりと伝える必要がある!!ということを学ばさせていただきました。

 

しっかりと
勉強会でもこの事実をわかりやすくお伝えできるようにしていかないといけないなと感じておりますm(__)m



#燃費の良い家
#省エネ住宅
#ZEH
 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
安心安全で暮らせる住まいを提案する注文住宅とリフォームの会社です。


おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし 誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅とリフォームを提案します。

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料勉強会にお越しください。
・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか? 初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇家をつくる時に必要なお金のお話
〇そもそも家づくりって何から始めたらいいの?住まいづくりスケジュールのお話
〇設計するから伝えたい冬暖かく夏涼しい本当に地震に強い家のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから




お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!

電話やファックスでも受け付けていますのでご確認ください。
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)
[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3273.960255087824!2d135.5672733152723!3d34.857225980394624!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6000fd0770063ef5%3A0x6c547277960776a0!2z44Gu44Gz44Gu44Gz5a2Q44Gp44KC5L2P5a6FIO-8sS7vvLQu77yj772S772F772B772U772F5bu656-J44OH44K244Kk44Oz!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1481497304118&w=400&h=300]

無料ご相談はこちらから
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】 九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/
 

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP