シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|鉄筋工事

新着情報

鉄筋工事

2017/06/08

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅とリフォームをご提案

様々なバリアーフリーを目指して 【のびのび子ども住宅・Q.T.Create建築デザイン】

鉄筋工事


おはようございます
今日も 子どももお年寄りも誰もがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。  


梅雨入りをした!
そう聞くと、もう暑さを感じてしまいます。

今日は
すっきりとした晴れですが、
その分暑さがやってきます。


やっぱりじとっとした感じ。
むしむしとした気候になっていますね。


この季節、やっぱり
こんなあいさつが増えてきているのでしょうか?


現場に行けば
やっぱり職人さんも
むしむしとした暑さがこたえるみたい。



雨は現場にとってつらいですものね。


 

IMG_5302  

写真は配筋工事の状況。
今日は、配筋検査でした。


役所の検査はいくつか工程があります。
工事は進みっぱなりではありません。

ちゃんと
階段の踊り場のように立ち止まる部分があります。


そうでなければ
後戻りできない状況になった時に、
しまった!!ということになりかねません。


だから、
検査があるんですね。


まずは
設計の検査。


確認申請ですね。
設計図が正しいかどうかをチェックしてもらいます。


この物件も
しっかりと検査を受けました。
3階建てですから、構造計算の書類もたくさん。


実に、700ページ。
大量です。


そして
中間検査。


中間検査は工事の合間合間に検査があり、
基礎の工程と
屋根工事が終わった後の工程の2回行われます。





IMG_5300  

今回は
1回目の基礎の配筋検査。


見るべきチェックポイントはいくつかあります。

・敷地境界線からの距離が正しいかどうか、
・配筋が計画通りかどうか
・その配筋がコンクリートに埋められたときにちゃんと埋まるかどうか

現場のチェックだけではなく、
資料の提出も行いながらの検査です。



細かく言えば
みるべきポイントはたくさんあります。


例えば、
上の写真でいえば、
人通口の配筋の様子を表しています。


基礎の内部は点検するときに
人が通れるようにしています。


人通口。


家が建ってから
基礎の内部をご覧になられる人はあまりいないですが、
点検の時、
そうですね、例えば、
白蟻の有無などを確認するときには基礎のなかにもぐって点検をする必要があります。


その部分は
基礎があるところをわざわざ寸断して開口にするので
補強をいれる必要があります。


この補強が
けっこうやっかい。


開口の下に補強筋を入れたりします。
写真でいえば、
太い鉄筋がいくつも入っています。


今回は、
D16という直径16ミリの鉄筋が
上に、5本、下に、5本と
2段に分かれて入っていて、合計10本。


かなりごっついです。


また
その部分に斜め筋という配筋もほどこし
写真では定規を当てている部分です。


これが、
長さの規定があるので今回は写真に収めています。





今日も
現場に早めにいって
検査機関の人が来る前にチェックだけしておきました。




IMG_5296


と言っても
ここまで出来上がった状態で
違う!!なんてこと言ってもどうにもならないですけどね。


例えば
境界線からの距離が違う!!
っていったとしたらどうなるのか?


動かしますか?
うーん、じっさいに無理。


何トンもある鉄筋を動かすことなんて~


いやいや
昔勤めていた会社で
配置が違うということがありました。


その時は
全員で、おいコラショっと動かしたことがあります。


今思えば、すごいことやってますけど。
 


ちゃんとした職人さんがやっていれば
図面通りに工事をしてくれます。

図面が指示書になるわけです。
しっかりとした図面を描きさえすれば、
間違いない仕事を職人さんはやってくれます。


また
不明な点は前もって質疑をあげてきてくれます。


今回も
ちょっと変わった配筋の仕方をしましたので質疑がありました。


別紙で
図面を一枚追加して
「このように配筋してください」って指示書を追加しました。


難しかったそうですが、
上手くできていました。


今回の配筋量、
ちょっと多かった。


建物も大きいので、これくらいにはなりそうです。



地震に強い家づくり
先ずは基礎からですね。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
安心安全で暮らせる住まいを提案する注文住宅とリフォームの会社です。

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、 段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし
誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅とリフォームを提案します。


◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料勉強会にお越しください。

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、 知って得する勉強会です。

内容は
〇家をつくる時に必要なお金のお話
〇そもそも家づくりって何から始めたらいいの?住まいづくりスケジュールのお話
〇設計するから伝えたい冬暖かく夏涼しい本当に地震に強い家のデザインのお話


住まいづくりをこれから始める人にも、 もう少し詳しく知りたいと思う人にも
どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。


完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから



お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。

のびのび子ども住宅のお約束です!!



〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3273.960255087824!2d135.5672733152723!3d34.857225980394624!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6000fd0770063ef5%3A0x6c547277960776a0!2z44Gu44Gz44Gu44Gz5a2Q44Gp44KC5L2P5a6FIO-8sS7vvLQu77yj772S772F772B772U772F5bu656-J44OH44K244Kk44Oz!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1481497304118&w=400&h=300]


無料ご相談はこちらから
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】 九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/
 

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP