シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|ゼロエネルギー住宅ってまだそんなもの(読売新聞記事より)

新着情報

ゼロエネルギー住宅ってまだそんなもの(読売新聞記事より)

2017/05/18

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅とリフォームをご提案


様々なバリアーフリーを目指して 【のびのび子ども住宅・Q.T.Create建築デザイン】

ゼロエネルギー住宅の普及ってまだまだそんなもん

おはようございます
今日も 子どももお年寄りも誰もがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。

EPSON MFP image
5月17日読売新聞記事より

気が付けば 5月ももうすぐ下旬になろうかという日。

ゴールデンウィークが終わって
忙しい、とてつもなく忙しい1週間でした。

ちょっと
大きめの3階建て木造住宅。

確認申請に提出した書類の変更がやってきて
それのチェックと図面の変更作業。

その合間に
新しいお客様の打合せ資料などなど。


頭がぱんちくりんの1週間でした。
それも昨日でひと段落しています。


といっても
次に決まっている2階建ての申請作業に取り掛からないといけない!!
さっそく、今日から遅れを取り戻さないと!!というかんじです。


さて
今日は昨日の読売新聞に掲載されていた記事から気づいたことをお伝えしようと思いました。

記事には
住宅用太陽光パネルを各社販売強化とあります。

事業用の太陽光パネルが
電力買い取り価格の引き下げで需要が減って、

実際に
土地を申請しているままで
事業が進んでいない「計画倒れ」のメガソーラーがあり、
先日の報道でも、申請取り消し処分になっていると報じられていました。

去年の5月は
太陽光のメガソーラーの工事を行っていました。

その時は
ゴルフ場跡地を開発して太陽光パネルを設置。

それはすごい面積でしたが、
この事業も、もうすでにダメになってきている。

事業向け太陽光発電施設は
当初売電価格が40円/キロワットだったのが、徐々に徐々に引き下げられて、
17年度が21円まで下がっている。

半分近くまで下がって、
そして
設備投資が半分になっているか、効率が2倍になっているかといえば
そこまでには至っていない。


事業用は
縮小するのは必至です。


移り変わりは速いと感じざるを得ませんね。


しかし
世の流れは
再生可能エネルギーや省エネルギー住宅といった
環境重視。

太陽光パネル各社も
住宅への普及を「再度」見直し始めたということでしょうか。


再度というのは
いったん、太陽光パネルは家庭向けに普及が始まりました。

住宅の屋根に搭載して
家庭の負担を減らしていく。


それは
ゼロエネルギー住宅の普及という命題で
国の方針も出ています。


しかし
ゼロエネルギー住宅の普及はというと
まだ新規着工件数の3%弱しか至っていないとのこと。


まだそんなもんなんだと思ってしまいました。


のびのび子ども住宅では
昨年の28年度は、1件新築住宅に対して、ニアリーゼロエネルギー住宅となりました。


今年は
すでに1件、今から1件のニアリーゼロエネルギー住宅
今から1件のゼロエネルギー住宅の工事が始まります。


後2件、ゼロエネルギー住宅を計画していますが、
この普及に私たちも声を出してがんばらないといけないなーと思っています。


太陽光発電がメーカー側が販売を強化し
価格もさらに抑えられたり、さらなる効率も高くなっていけば
新築だけでなく、既存住宅への見直しも加速するかもしれません。


2020年に
ゼロエネルギー住宅の普及を50%以上に掲げている政府の動きに
更に良い条件が整っていけばいいですね。


 
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
安心安全で暮らせる住まいを提案する注文住宅とリフォームの会社です。


おうちは家族の象徴


子どももお年寄りも、
段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし
誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅とリフォームを提案します。


◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?

先ずは無料勉強会にお越しください。

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、
知って得する勉強会です。

 内容は
〇家をつくる時に必要なお金のお話
〇そもそも家づくりって何から始めたらいいの?住まいづくりスケジュールのお話
〇設計するから伝えたい冬暖かく夏涼しい本当に地震に強い家のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、
もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。


完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから


お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって
のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。

また
無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。

のびのび子ども住宅のお約束です!!

また
電話やファックスでも受け付けていますのでご確認ください。
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3273.960255087824!2d135.5672733152723!3d34.857225980394624!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6000fd0770063ef5%3A0x6c547277960776a0!2z44Gu44Gz44Gu44Gz5a2Q44Gp44KC5L2P5a6FIO-8sS7vvLQu77yj772S772F772B772U772F5bu656-J44OH44K244Kk44Oz!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1481497304118&w=400&h=300]

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】 九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP