シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|ザル法と呼ばれた建築の時代に逆戻り?秀光ビルドから考える

新着情報

ザル法と呼ばれた建築の時代に逆戻り?秀光ビルドから考える

2017/03/16

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の注文住宅とリフォームをご提案
様々なバリアーフリーを目指して 【のびのび子ども住宅・Q.T.Create建築デザイン】

ザル法と言われる時代に逆戻り?秀光ビルドから考える


こんばんは
今日も 子どもがもお年寄りも誰もがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。

先日
長男の卒業式がありました。
中学校の卒業ははやいですね。
あっという間の3年間だったように感じます。


4月からは 高校生。
新しいスタートになります。


新しいスタートを始めるというと
この春から、新居での生活!!という方もいらっしゃるでしょうね。


さて、
今日は新築なのにというニュースが飛び込んできましたのでそのことについて。


秀光ビルドの欠陥住宅多発というニュースが飛び交っています。


本当なのか?とも思えます。


建築業界は
以前、ザルと言われるくらい 抜け穴が多く、非常にダークなイメージがあり、
いや、実際にそうだったと言ってもいいかもしれません。


建築基準法という法律があるにも関わらず、 そのCHECK機能は果たされておらず、やりたい放題というのが現実でした。


実際に 昔の家って 建築図面と全く字が鵜建物が建っていたりするのが当たり前で、
建築基準法違反なんてざらにある
それが業界でした。


そう
過去形です。

ある時点をきっかけに、非常に厳しくなり
業界は変わった!!
というイメージがありました。


それが 姉歯事件。


ご存知でしょうか?
覚えておられるでしょうか?


1級建築士だった姉歯建築士が 構造偽装をし、
それをチェックするはずの検査機関もチェックできず。
それを建てる建築会社もそのままスルー。
当然、販売の不動産会社はその知識がなく全くノーマーク。


結局のところ
その物件を購入した家族が泣きをみるといった事件がありました。


夢のマイホームを手に入れたにも関わらず、
構造欠陥があり、
行政指導のもの退去勧告がなされ、
マンションがとりこわされるという事件でした。


もう10年以上前の事件です。


そこから 瑕疵担保という考え方が根付いていき、
問題は建設をした会社が責任を持つ、
そして販売した会社もその責任を持つという


以前とは比べ物にならない厳しいルールが作られたんです。


瑕疵担保責任という保険も販売され、
家を建てるときには必ずその説明を受けますのでご存知の方も多いでしょう。



そういうルールに基づいている中での今回の報道。
本当なのでしょうか?
と疑ってしまいます。


ましては
時代は 安かろう悪かろうではものが売れない時代。



SNSなど
「噂」
が瞬時に飛び交う時代。



時代に逆行するようなことを
着工件数の多いこの会社がすることなのかと思えてしまいます。



しかしながら
創業者でもある檜山国行会長にも聞いた。



──施主が気付いていないだけで建築基準法に違反している住宅があるのでは?



「検査は出来る限りやっていますが、その可能性は否定できません。気になることがあれば誠実に対応したいと思います」


3月16日(木曜日)発売の週刊文春が詳細を報じているとネットニュースにも掲載されていました。



「検査はできる限り」って当然の仕事です。
「気になることがあれば誠実に対応」って当たり前のことです。




会長自らの言葉がそうであるならば そうなのでしょうか。
秀光ビルドもそう、 神奈川県のマンションの傾きの事件もそう。



もっと現場での管理が徹底されていたならば、そういうことが起こらないはずなのにと思います。




私は設計をする立場でもあり、
現場を管理する立場でもあります。



構造が分かったうえで、
無理なく無駄なく丁寧な仕事ができるように考えるのがわたしの仕事です。



いかなるしわよせもあってはならなく、
もしあったならば、喧嘩になってしまって誰もが嫌な思いになります。



そのはてが
現場管理の放棄につながり、
その結果が欠陥住宅へとつながるのだと思います。




最終的には
おすまいになれれるかたが喜んでもらう。
主役は、お施主様なのだから、




はき違えてはいけない。
当たり前のことだけれども その当たり前の考えをおろそかにしてしまった結果なのかもしれないなーと思います。




同じ建築をするものとして
今回の報道が嘘であったならばいいなーと思いますし
業界全体で頑張る人たちが、同じように思われないためにも事実をしっかりと把握してもらいたいものです。




今日は驚きのニュースが飛び込んできましたので 思いをつらつらと書いてみました。




現在工事中の高槻の現場は
すばらしくていねいに進んでいます。



「これくらいでいいだろうと自分自身を甘えさせるな!」



その思いで現場はみんな動いてくれています。 明日もがんばろう!!
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
安心安全で暮らせる住まいを提案する注文住宅とリフォームの会社です。
 


おうちは家族の象徴


子どももお年寄りも、
段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅とリフォームを提案します。

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料勉強会にお越しください。

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、
終の棲家を建てる人も、
知って得する勉強会です。

毎週日曜日の午後から2時間行います。
場所は、九万田の自宅兼事務所にて(下記の地図を参照くださいね)


内容は 住まいづくりの 大事なポイントを3回に分けて行います。
〇第1日曜日:家をつくる時に必要なお金のお話
〇第2日曜日:そもそも家づくりって何から始めたらいいの?住まいづくりスケジュールのお話 }
〇第3日曜日:設計デザインする人だから伝えたい冬暖かく夏涼しい本当に地震に強い家の間取りのお話


住まいづくりをこれから始める人にも、
もう少し詳しく知りたいと思う人にも
どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。


お申し込みは、こちらから出来ます。


また電話やファックスでも受け付けていますのでご確認ください。


〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3273.960255087824!2d135.5672733152723!3d34.857225980394624!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6000fd0770063ef5%3A0x6c547277960776a0!2z44Gu44Gz44Gu44Gz5a2Q44Gp44KC5L2P5a6FIO-8sS7vvLQu77yj772S772F772B772U772F5bu656-J44OH44K244Kk44Oz!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1481497304118&w=400&h=300]


無料ご相談はこちらから
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】 九万田 眞理子&忠孝


http://www.qt-create.com/

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP