シックハウスが心配で、自然素材住宅を注文住宅で建てたいとお考えならば、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!|パッシブデザインを考えず、数値だけに頼った設計をすると冬寒い家になってしまう

新着情報

パッシブデザインを考えず、数値だけに頼った設計をすると冬寒い家になってしまう

2017/03/05

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の注文住宅とリフォームをご提案

様々なバリアーフリーを目指して
【のびのび子ども住宅・Q.T.Create建築デザイン】
 

パッシブデザインを考えなければ寒い家になる


おはようございます
今日も 子どもがもお年寄りも誰もがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。
 

3月も第1週が終わろうとしています。
あー早い、早い!!


そんな1週間の中で
私は勉強会に参加してきました。


この勉強会、毎月1回行われていて、毎回参加しています。


構造だったり、省エネだったり。
実務にも役立つし、当然、のびのび子ども住宅が目指す住まいづくりの方向性を再確認することにもつながっていて
大事な時間になっています。


さて
今回の学びは、パッシブデザインについて。


何度かお伝えしているパッシブデザイン。
のびのび子ども住宅も
「パッシブデザインで冬暖かく」というテーマを掲げているように、大切なキーワードとなっています。


パッシブデザインというと
「省エネ住宅」とか「自然エネルギー」とかのキーワードを思い浮かべますよね。


言葉の定義としてあげるならば
Passive(パッシブ)は受動性のとか、受け身のという意味で、
何が受け身なのというと、自然エネルギーを受け入れるという意味合いです。


うーん、なんだか、日本的で素敵な言葉だと感じるのは、私だけ???


逆の対義語が
Active(アクティブ)となるわけで、
アクティブデザインという言葉もありますよ。


あまり聞きなれない言葉ですよね。


アクティブデザインとは
冷暖房や照明などの器具類を巧みに使って快適な居住空間を使う設計方法のこと。


アクティブ?
というのもちょっとどうかなーって感じてしまいますが、言葉の定義としてはこのようになっています。


パッシブやアクティブは
どちらも目指すは、快適空間というわけですが、
どちらも中途半端だと、暑かったり寒かったりするもの。

それを
快適に近づける方法がそこにはあるのだというのです。

それは
いずれも、太陽の力を利用するということ。


太陽の力ってすごい大きいのだからそれを利用しない手はないですよね。


実際に今回の勉強会のテーマは
このパッシブデザインを利用しないで数値だけにたよった設計をするとどうなるかというものでした。


この4月から完全移行する
省エネ基準
平成28年度基準に基づいて建てられた家が福島県で完成したということで、その家の実証データーを見ることができる勉強会。


とても興味深い結果でした。


平成28年度省エネ基準では
外皮平均熱貫流率(UA値)と平均日射熱取得率(ηAC値)を両方の基準値以下にし、
一次エネルギー消費量を基準値以下にもっていくわけですが、
計算上成り立つ。


計算上成り立つ家がある。
けど。。。寒い
でも。。。暑い

という結果にならないかという実証実験。


結果、福島県の家はどうだったか?


実証結果は
本当に寒い家となっていました。


まだ未入居の家で
家電からの熱や人からの熱など発生しない状況での計測。

暖房なしで13度を下回らない設計になっているものの
実際は、8度以上にはならない。
というか、ずーっと8度をキープしているという結果だったそうです。


欠陥?
というわけではなく、
まさに、太陽の力を考慮していない設計だったと言えるでしょう。


というのは
朝から晩まで同じ室温を保っているということは
気密性脳の高い家で、外の影響を一切受けないほどの家づくりがなされたということ。


逆に言えば
太陽の熱を全く取り込む計画がなされていない家だったとも言えます。


窓の配置や
まどかは入って来た熱を蓄熱する材料の選定
室内の空気をいかに循環させるのかなど

設計だけではわからない部分を計画してこなかった
つまり、数値だけにたよった設計になってしまったといえるでしょう。



これは
私たち設計をするものにとって大変貴重なデーターであり、学びとなりました。


データーだけに頼らない設計を目指す。
太陽の力を最大限活かす
これらが大切です。


パッシブデザインで冬暖かい、本当の家づくりを提案しなければなりませんね。

 

 
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
安心安全で暮らせる住まいを提案する注文住宅とリフォームの会社です。


おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、
段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし
誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅とリフォームを提案します。


◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?

先ずは無料勉強会にお越しください。

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?

初めて家を建てる方も、
終の棲家を建てる人も、
知って得する勉強会です。


毎週日曜日の午後から2時間行います。
場所は、九万田の自宅兼事務所にて(下記の地図を参照くださいね)


内容は
住まいづくりの 大事なポイントを3回に分けて行います。

〇第1日曜日:家をつくる時に必要なお金のお話
〇第2日曜日:そもそも家づくりって何から始めたらいいの?住まいづくりスケジュールのお話 }
〇第3日曜日:設計デザインする人だから伝えたい冬暖かく夏涼しい本当に地震に強い家の間取りのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、
もう少し詳しく知りたいと思う人にも
どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。


お申し込みは、こちらから出来ます。
また電話やファックスでも受け付けていますのでご確認ください。


〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)



無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝
http://www.qt-create.com/

BACK

自然素材住宅なら、高槻市の【Q.T.Create 建築デザイン】へ!

資料請求・お問い合わせはこちら!

施工事例

「こういうの いいね」をわざわざ創る。
本気で聴きます建築家

Q.T.Create
〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23-17

2000万円前半で自然素材を使った家づくりをお考えなら【Q.T.Create 建築デザイン】にご相談ください!

  • 対応エリアお気軽にご相談ください!!
  • MAIL FORM 資料請求・お問い合わせ
  • 無料プレゼント!!
  • 資料請求はこちらから

PAGE TOP